日本の英語教育の罠

日本の英語教育の罠

日本人は英語が苦手というのは、統計的に見ても明らかですし、日本人が英語を習得するために必要な時間は2000時間だと言われています。

なぜ日本人はここまで英語が苦手なのか、その原因の一つは日本の義務教育における英語教育にあるのは間違いないと思っています。

ここではその英語教育の問題点について説明していきます。

受験目的の教育

日本における英語教育は、英会話をするためのものではなく、高校や大学の受験においていい点数をとることを目的としたものです。

本来英語とは、誰かとコミュニケーションをとるためのツールであり、正しい英単語や、正しい文法を身に着けたところで、「読む、書く」のスキルしか上達せず、コミュニケーションおいては全く完成しません。

コミュニケーションにおいて必要なのはむしろ「聞く、話す」ほうのスキルであり、kろえを鍛えない限りは英会話はまったくできるようにならないでしょう。

また学生も「英語は受験のために勉強する」「単語や文法は間違ったらダメ」といった意識づけがされてしまい、 

和約を前提とした英語学習や、減点方式のテスト、勉強はほぼ単語と文法のみといった内容では、言語の本来の目的である、本来のコミュニケーションツールとしての言語という認識がどうしても薄れてしまいます。

コミュニケーションとしての英語を教育する方向に切り替わらなければ、日本人全体の英語習得率が上がるのは難しいでしょう。

発音の訓練をしない

学校で習う英語は、ほとんどの場合がノートに書く場合が多く、口に出して英語の発音をすることはありません。

そのため未だにLとRの発音の違いができる人が少ないのです。

さらに日本には「カタカナ」という文化があり、英語はほとんどの場合カタカナになおされてしまいます。

そのため英語の発音の意識がさらに薄れてしまい、日本人特有の「カタカナ英語」ができあがってしまうんです。

外国人にとっては、このカタカナ英語はかなりおかしな発音らしく、日本人はさらに英語の発音にコンプレックスを抱えていくことになります。

海外経験のある教員が少ない

実際に海外へ留学や研修へ行った教員の方は、中学高校を含めても50%にも満たないそうです。

しかもそのほとんどが1か月~半年未満の海外留学で、1年以上留学経験がある教員の方は10%以下になってきます。

つまり、ネイティブの英語を理解しないまま、学校の教育のみで教員になった先生が、また学校教育の英語をする悪循環になっています。

そのため英語を身に着けたい人は、学校の外の専門機関で、お金を払って英語を身に着けるしかない状況となっています。

英語を使う機会が圧倒的に少ない

学校の授業は、先生一人に対して生徒が30~40人程度でティーチングを行います。

そのため、生徒一人一人は先生から知識を受け取るのみで、自ら英語をアウトプットするという機会はほとんど設けられていません。

そして日本で生活する限り、日本語ができてしまえば生活は成り立ちます。

英語を話す環境がなく、読み書きの勉強ばかりでは、英会話は身につくはずもありませんよね。

まとめ

日本の英語教育もそうですが、日本人はあまり自分の考えを前に出すことを良しとしません。

こういった日本人特有の精神や、間違ったらだめといった教育の影響で、英語からどんどんと離れていってしまっているのが現状です。

これからの教育革命によって、新しい世代の人たちが英語教育で困る事の内容にしていただきたいものですね。

TOPページを見る