英語副業を徹底比較

英語副業を徹底比較

メンタル英会話コーチは、英語が使えなくても英語に携われる副業ですが、実際に英語を扱う副業はどういったものがあるのでしょうか?

ここでは英語使った副業について紹介していきたいと思います。

英語が活かせる副業3選

在宅でもできるおすすめの副業を紹介します。

①翻訳

英語を使う仕事というとまず思い浮かぶのが翻訳の仕事ですね。

英語を使った翻訳には、日本語から英語への翻訳と、英語から日本語への翻訳の2種類があります。

さらに翻訳にもジャンルがあり、そこからいっくつか枝分かれしていきます。

ビジネス翻訳

ビジネスメールや企画書、企業サイトの翻訳などがあります。

案件によって報酬は異なりますが、1つの案件で値段が決まっていた李、1文字辺りにつき何円といった形で決まっています。

ビジネスに関する翻訳なので、ビジネス用語や専門知識などが求められる場合があります。

契約書や説明書の翻訳

こちらも専門用語が使われていることが多いため、専門的な知識が必要になってきます。特に契約書については法的なことも関連している為、専門用語のや法律の知識なども必要になります。

ある程度スキルのいる翻訳なので、報酬が高いことも特徴です。

動画の翻訳

最近増えてきたのが「Youtubeの翻訳」です。

特に日本は島国なので日本語を扱う人口自体が少なく、海外の視聴者も取り込むため、動画の翻訳を依頼されるYoutuberさんが増えてきました。

また映画の字幕の翻訳などの仕事もありますが、こちらはかなり実績のある翻訳者さんでないと任されないことが多いです。

②オンライン英会話教師

ZoomやSkyoeなどを使った、オンラインでの英会話レッスンです。

ほとんどの場合が英会話スクールでの契約教師となり、1レッスン当たりの報酬をもらう形になります。

TOIECや英検の資格が求められることが多い他に、人に教えるという特殊な技術も求められるので、向き不向きがあります。

時給としては1,200円~2500円など、経験や資格によって報酬が変わるようです。

③通訳

通訳は話し手のそばで、聞き手の言語に翻訳をする仕事です。

最近では通訳専門のコールセンターなどもあり、電話で通訳を行う仕事などもあります。

ビジネスやショッピングの代行などの仕事もありますが、あまり案件は多くありません。仕事を行うには、通訳の資格があるといいみたいですね。

英語副業には知識が求められる

英語を使った副業をするには、かなり高い英語力が求められる上に、プラスアルファのスキルも必要となる事が多いようです。

自身のスキルに見合った副業を探すことが大事になるようですね。

TOPページを見る